水彩画
17071
page-template-default,page,page-id-17071,bridge-core-2.1.7,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-20.4,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.1,vc_responsive
[vc_custom_heading text=”水彩画” font_container=”tag:h1|text_align:center” use_theme_fonts=”yes”]

水彩画は水を使って絵具を溶き、描画していくためとても親しみやすい技法ですが、技法の種類が豊富なため、幅広い表現が可能な画材です。絵具の透明感を引き出しながら、紙の白さを生かしつつ、絵具と筆さばきで表現する水彩画特有の表現手法について学びます。

透明水彩・不透明水彩の特性を理解し、紙の個性を生かしながら 制作する手順を解説します。画材の性質を理解したうえで、水彩画特有の彩度の高い色彩表現について、さまざまなモチーフを描画しながら段階的に修得します。

[trx_image url=”692″]
[trx_line]
[vc_custom_heading text=”講座案内” font_container=”tag:h3|text_align:left” use_theme_fonts=”yes”]

水彩画は水を使って絵具を溶き、描画していくためとても親しみやすい技法ですが、技法の種類が豊富なため、幅広い表現が可能な画材です。絵具の透明感を引き出しながら、紙の白さを生かしつつ、絵具と筆さばきで表現する水彩画特有の表現手法について学びます。

透明水彩・不透明水彩の特性を理解し、紙の個性を生かしながら 制作する手順を解説します。画材の性質を理解したうえで、水彩画特有の彩度の高い色彩表現について、さまざまなモチーフを描画しながら段階的に修得します。

水彩画の進め方 水彩画の絵具の性質と描き方の説明から、 さまざまな水彩画の技法について詳しく学習します。

      • 絵具の種類と性質について (透明水彩・不透明水彩・水彩用画溶液など)
      • 紙の種類の解説と、紙の特徴を生かした描き方 紙の種類、目の粗さの違いについて
      • 支持体準備の方法など 水張り・板張りの方法、下地塗りについて
      • 筆の種類と筆づかいについて
      • 混色方法について 絵具同士の混色方法、レイヤーを重ねた色の作り方
      • 彩色方法について ウオッシュ、ブレンディング、ウォーターレジストテクニック、 ドライブラシ など
      • マスキングを用いた描画方法について マスキング液を使用したマスキング方法、その他のマスク
      • 質感表現:様々なテクスチュアを用いた表現 ドリッピング、スパッタリング、スタンプ/デカルコマニー、 塩によるテクスチュア 砂、顔料、洗剤などを使用したテクスチュアの表現方法
      • 異なる画材の組み合わせ(ミクストメディア) 色鉛筆、パステル、オイルパステル、アクリル絵具など
      • 静物画: 素材の異なるモチーフを描き分ける
      • 風景画: 遠近法、空間表現について
      • 人物画: 人物のプロポーション、表情などを描く
      • 模写 : 古典絵画・近代絵画から
[trx_line]
[vc_custom_heading text=”カリキュラム” font_container=”tag:h3|text_align:left” google_fonts=”font_family:Roboto%20Condensed%3A300%2C300italic%2Cregular%2Citalic%2C700%2C700italic|font_style:400%20regular%3A400%3Anormal”]

南青山書画院の絵画教室では自身の持てる魅力を十二分に発揮していただきます。持ち前の個性を発揮していただき、自主性を大切にする絵画教室です。

カリキュラムの選び方

  1. カリキュラムは参考に、自主的に目標やテーマなどを決めて創作する。[trx_br]南青山書画院の講師は学ばれます方のご意向やご希望を受け止めて、 創作の考えや想いを尊重し、指導ならぬ指南役としご一緒いたします。
  2. カリキュラムを基にして、講師から助言をうけつつ共に学び進める。[trx_br]南青山書画院の講師からカリキュラムの内容を詳細に又、一層深く頼もしく アカデミックな学びの時間を楽しむ絵画教室です。

1、2、いずれの学び方も有意義です。[trx_br] お始めになる時は十分に講師とご相談ください。

[trx_image url=”492″]
[vc_custom_heading text=”水彩画 基本講座” font_container=”tag:h4|text_align:center” use_theme_fonts=”yes”][trx_line style=”dotted”]

基本講座 はじめて水彩画を描く方から、水彩画の基本的な技術をしっかりと身に付けたい経験者の方まで、水彩画の基礎を段階的に学びます。鉛筆スケッチでは物足りない、色をつけてみたいという方に水彩画の技法とセオリーについて解説します。

紙の白さを生かしつつ、絵具と筆さばきで表現する水彩画特有の表現手法について、透明・不透明水彩の特性を理解し、紙の個性を生かしながら制作する手順を解説します。水彩画特有の彩度の高い色彩表現について さまざまなモチーフを描画することで、段階的に修得します。

[trx_image url=”523″]
[trx_line]
[vc_custom_heading text=”彩色の基本 (静物)” font_container=”tag:h5|text_align:left” use_theme_fonts=”yes”]

受講回数:1回〜5回

モチーフ例:静物[trx_br] 画材の説明 透明絵具、筆、紙、[trx_br] 鉛筆、補助画材の使用方法[trx_br] モチーフを描きながら彩色

[vc_custom_heading text=”彩色の基本 (人物)” font_container=”tag:h5|text_align:left” use_theme_fonts=”yes”]

受講回数:1回〜5回

モチーフ例:人物[trx_br] モチーフを描きながら彩色[trx_br] 混色、重ね塗り、[trx_br] 滲み、ぼかし塗り[trx_br] 人物の表現方法

[vc_custom_heading text=”技法の応用(風景)” font_container=”tag:h5|text_align:left” use_theme_fonts=”yes”]

受講回数:1回〜5回

モチーフ例:風景[trx_br] 風景の着彩方法について[trx_br] 画面構成と遠近法について[trx_br] 面の塗り分け方法 マスキング

[vc_custom_heading text=”自由なテーマで着彩” font_container=”tag:h5|text_align:left” use_theme_fonts=”yes”]

受講回数:1回〜5回

モチーフ例:好きなテーマで[trx_br] 好きなモチーフを題材に描く[trx_br] 異なる描画材を組み合わせる[trx_br] さまざまなテクスチュアの表現

[trx_line style=”dotted”]

※コース内容は具体例です。 ご経験やご要望に伴い変更いたします。[trx_br] ※必要な回数などは目安です。ご希望のすすめ方で制作してください。

[vc_custom_heading text=”ボタニカルアート 基本講座” font_container=”tag:h4|text_align:center” use_theme_fonts=”yes”][trx_line]

ボタニカルアートの表現手法について学びます。 はじめて植物画を描く方から 、経験者の方まで対象とした講座です。植物画の模写を参考に、植物の曲線と密度の分布などを学び画面を構成する能力を身に付けます。 また、実際の植物を見ながら描写する方法について学びます。

透明水彩・不透明水彩の特質を生かした描画方法を学ぶことで、さまざまな表現方法の可能性を探ります。植物画独特の色彩を重ねる手順について段階的に解説をおこない、具体的な表現方法を身に付けていきます。

[trx_image url=”645″]
[trx_line]
[vc_custom_heading text=”植物画の基本 (模写)” font_container=”tag:h5|text_align:left” use_theme_fonts=”yes”]

受講回数:1回〜5回

画材の説明 透明絵具、筆、紙、[trx_br] 鉛筆、補助画材の使用方法[trx_br] 植物画の作品を参考にして模写[trx_br] 植物画の描き方について[trx_br] アウトラインと彩色

[vc_custom_heading text=”植物画の基本 (模写)” font_container=”tag:h5|text_align:left” use_theme_fonts=”yes”]

受講回数:1回〜5回

異なる表現方法で描く[trx_br] 植物画の表現方法の多様性[trx_br] 紙の質感を生かした彩色[trx_br] 植物画の作品を参考にして模写[trx_br] 混色、重ね塗り、滲み、[trx_br] ぼかし塗り

[vc_custom_heading text=”実際の植物を描画” font_container=”tag:h5|text_align:left” use_theme_fonts=”yes”]

受講回数:1回〜5回

実際の植物(写真)を見て制作[trx_br] デッサンと転写方法[trx_br] 効果的な画面構成の方法[trx_br] 立体物を平面に構成する方法

[vc_custom_heading text=”自由なテーマで描画” font_container=”tag:h5|text_align:left” use_theme_fonts=”yes”]

受講回数:1回〜3回

好きなモチーフを題材に描く[trx_br] 異なる描画材を組み合わせる[trx_br] さまざまなテクスチュアを用いた表現[trx_br] 植物画の現代的な表現方法

[trx_line style=”dotted”]

※コース内容は具体例です。 ご経験やご要望に伴い変更いたします。[trx_br] ※必要な回数などは目安です。ご希望のすすめ方で制作してください。

絵画教室>水彩画[trx_br]<<絵画教室トップに戻る